空気と水の
テクノロジー

CSR

マテリアリティ(重要課題)

当社をとりまく87の社会課題の中から、特に重要なものを経営会議で議論し、ステークホルダー(利害関係者、株主・従業員・協力業者・顧客など)に対して実施したアンケートの回答も参考にしながら、最終的に11のマテリアリティを決定し、2021年4月30日の取締役会にて承認されました。

マテリアリティの各項目は、それぞれE(環境)、S(社会)、G(ガバナンス)と対応し、SDGsの目標とも紐づいています。
マテリアリティへの活動を通じて、ESG経営を推進し、SDGsに貢献していきます。

各マテリアリティにはKPI(Key Performance Indicator(キー・パフォーマンス・インディケーター))が設定されており、達成度合いを評価し、活動をすすめてまいります。
これによって、テクノ菱和はサステナブルな社会へ貢献していきます。

テクノ菱和のマテリアリティ(重要課題)

ESG分野と
関連するSDGs
マテリアリティ
(重要課題)
内容 ISO26000
「中核問題」
KPI
E
環境負荷低減と
汚染防止
CO2排出削減、省エネ推進 環境 オフィス電力量、社有車燃費、
省エネ提案によるCO2削減量
廃棄物の削減と
環境リサイクルの推進
環境 元請現場の廃棄物量の計測
大気保全、
化学物質規制対策
環境 環境法令順守
グリーン調達の推進 環境 グリーン購入率(事務用品)、
グリーン調達率(機器)
技術開発力の
強化
技術開発力の強化 環境 省エネ関連技術の社外発表件数
S
ダイバーシティの
推進
ダイバーシティの推進 人権 技術系従業員に占める女性比率
労働慣行 管理職層に占める女性比率
人材の確保・育成 人材育成、技術継承 労働慣行 一人当たりの資格取得数
人材の確保 労働慣行 新入社員3年離職率
働き方改革の推進 労働生産性の改善、
DXの推進
労働慣行 一人当たりの時間外労働時間
長時間労働の是正、
ワークライフバランスの推進
労働慣行 一人当たりの平均年次有給休暇取得
コミュニティ 子供の出生時に父親が取得できる休暇制度制定
労働安全衛生の推進 安全衛生の推進 労働慣行 強度率、度数率
(当社基準 労災事故発生率)
消費者課題
コミュニティ
施工品質の向上 施工品質の向上 消費者課題 補償工事の削減
G
コーポレート
ガバナンスの
強化
企業統治の推進 組織統治 社外取締役の比率
ESG情報開示の促進 組織統治 CSR報告書の発行
公益通報者保護制度の
整備・運用
組織統治  
ステークホルダー・エンゲージメントの推進 組織統治 投資家との個別エンゲージメント
コンプライアンスの徹底 コンプライアンスの徹底 組織統治 コンプライアンス研修受講率
情報セキュリティの強化 情報セキュリティの強化 組織統治 セキュリティ講習受講率
責任あるサプライ
チェーン・マネジメントの推進
責任あるサプライチェーン・マネジメントの推進 公正な事業慣行 テクノ菱和調達方針の制定

お問い合わせはこちらから

ご質問や見積依頼など
お気軽にお問い合わせください。