CSR

情報セキュリティ基本方針

情報技術は、事業活動を行う様々な領域に広く浸透し、業務を行う上で欠かせないものとなっています。その利便性と効率性の反面、これまでにはなかった様々なリスクにもさらされています。当社は、情報化社会における情報技術の必要性を認識したうえで、「当社が事業活動のなかで扱う全ての情報および情報を扱うために必要な情報システム」を情報資産と定義し、「情報セキュリティ基本方針」を以下のとおり定め、この情報資産を有効に活用するとともに安全性、信頼性の確保に万全を期し、適切な情報セキュリティの確保を実施します。

1.情報資産に接する全ての役職員に情報セキュリティの重要性を認識させ、情報資産の適切な管理を推進します。

2.情報セキュリティ管理体制を整備し、情報セキュリティの維持、向上に向けた取組みを行います。

3.会社の情報資産に対して、情報の漏洩、改ざん、盗難などセキュリティ上の様々なリスクから情報資産を保護するための予防措置を実施し、情報資産の正確性、安全性を確保します。

4.災害、事故、その他不正行為などにより事業活動が中断してしまうリスクを認識し、リスク回避のための適切な施策を講じます。

お問い合わせはこちらから

製品に関するご質問や見積依頼など
お気軽にお問い合わせください。