ホーム > ソリューション > 省エネルギー・環境対策 > ホルムアルデヒド分解処理技術

技術紹介

ホルムアルデヒド分解処理技術

実験動物飼育施設やバイオロジカルクリーンルームでは、ホルムアルデヒド燻蒸による室内殺菌が行われています。ホルムアルデヒドは有害性のガスであり、近年、ISO14001や都道府県条例による排出規制に対応するため、燻蒸後には無害化処理し、排出することが必要とされています。
従来、燻蒸後のホルムアルデヒドは、スクラバーや加熱触媒等の専用固定設備、またはアンモニアによる中和により処理されていましたが、経済性や中和による副生成物(ヘキサミン)の発生、臭気発生等の問題がありました。
 テクノ菱和では、触媒を用いて燻蒸後のホルムアルデヒドを常温で酸化分解できる室内循環型の装置
「FOTRAM®(Formal dehyde Oxidation Treatment system by Ryowa And Mercian)」を開発しました。

ホルムアルデヒド酸化分解装置(FOTRAM®:フォトラム)

発生機能付小型FOTRAM

発生機能付小型FOTRAM
安全キャビネットなどの小空間を対象としてホルムアルデヒドの発生・分解を行うことができる。

標準風量型FOTRAM

標準風量型FOTRAM

特別なダクト系を必要とせず、室内で単独運転するだけでホルムアルデヒドを水と二酸化炭素に分解する。

特別なダクト系を必要とせず、室内で単独運転するだけでホルムアルデヒドを水と二酸化炭素に分解する。

ホルムアルデヒド酸化分解装置(FOTRAM®:フォトラム)

従来のホルムアルデヒド処理方法と問題点

従来のホルムアルデヒド処理方法と問題点)

FOTRAM®の分解性能

チャンバー実験の例

チャンバー実験の例

フィールド試験の例(標準風量型)

フィールド試験の例(標準風量型)

施工実績

  • 中外製薬
  • 東菱薬品工業青梅工場
  • オリエンタル酵母工業修善寺LAC
  • 大塚製薬
  • 武田薬品光工場
  • 第一三共品川研究開発センター
  • 持田製薬掛川工場
  • 北里大学
  • 小林製薬工業
  • 旭化成工業名古屋工場
  • 日本点眼薬研究所
  • 大鵬薬品工業徳島工場
  • 理化学研究所筑波研究所

ページのトップへ戻る

お問い合わせフォーム

ページのトップへ戻る