ホーム > IR情報 > ディスクロージャー・ポリシー

IR情報|ディスクロージャー・ポリシー

  1. 基本方針
    テクノ菱和は、金融商品取引に関連する法令および金融商品取引所の諸規程ならびにフェア・ディスクロージャー・ルールを遵守し、すべてのステークホルダーの皆様に、当社に関する重要情報を正確かつ迅速にご理解いただくために、当社「情報開示規程」および「フェア・ディスクロージャー規程」に則り重要情報の開示を行います。
    インサイダー情報に関しては、当社「内部情報管理規程」に則り、適切な管理に努めます。
  2. 情報の開示方法
    適時開示に該当する情報の開示は、東京証券取引所の適時開示情報伝達システム(TDnet)にて行います。また、当社のウェブサイトにも速やかに掲載いたします。
    その他必要に応じて開示すべき情報や、フェア・ディスクロージャー・ルールにおける重要情報を開示する場合は、当社ウェブサイトに掲載する方法で開示します。
  3. 沈黙期間
    当社は決算情報等の株価に影響を与える情報の漏洩を未然に防止するため、決算期日の翌日から決算発表日までの一定期間を「沈黙期間」とし、当該決算に関する対外的コメントおよび問い合わせへの回答を差し控えます。ただし、資本市場において重大な影響を与えていることが認められる、または重大な影響を与える可能性があると当社が判断した場合においてはこの限りではありません。また、業績予想、配当予想の修正等に関しては、必要に応じて開示を行います。
  4. 将来情報
    当社が開示する情報において、現在の計画・見通し・戦略等の将来情報が含まれている場合、これらは現在入手可能な情報に基づき、当社の判断による一定の前提の下に作成されており、リスクや不確定要素等の要因が含まれていることから、これらの会社情報と実際の業績とは大きく乖離する可能性があります。
  5. 第三者による予想等
    アナリストレポートや情報誌等の第三者による業績予想等の情報については、予想者の独自の考えや主観的な評価であり、当社が関知するものではありませんので、当社はコメントをしないことを基本的な方針としています。ただし、資本市場において重大な影響を与えていることが認められ、または重大な影響を与える可能性があると当社が判断した場合においては、当社としてコメントを発することがあります。

ページのトップへ戻る