ホーム > ソリューション > 冷凍・冷蔵システム > 製氷・冷凍・冷蔵技術

技術紹介

製氷・冷凍・冷蔵技術

食品流通業界では、より新鮮で安全な食品を求める消費者のニーズに応えて、鮮度や味を保つ技術が求められています。その技術には、省エネ・省力化・経済性といった条件がより厳しく求められます。
食品にはそれぞれに、鮮度を保持するための最適な冷凍冷蔵条件があります。例えば、果物や野菜は収穫後の呼吸作用を抑制するために、できるだけ早く温湿度が一定に保たれた貯蔵庫で低温高湿保管します。さらに、さまざまな自動化システム・機器の導入により、採れたての鮮度や味はそのままに、消費地へ供給されます。
テクノ菱和は、独自の「冷やす」ノウハウを活かし、製氷・冷凍・冷蔵技術のあらゆるご要望にお応えします。

千葉青果集品センター

千葉県食肉公社

千葉県食肉公社

千葉青果集品センター

自動冷蔵倉庫 実施例

自動冷蔵倉庫 実施例

設備仕様

設備仕様

冷蔵庫の貯蔵条件と貯蔵物品名

冷蔵庫の貯蔵条件と貯蔵物品名

施工実績

  • JA銚子予冷貯蔵施設
  • 日本航空関西国際空港輸出貨物ターミナル
  • メイホク食品本社工場
  • カスミ生鮮加工センター
  • 相模フレッシュ
  • 日本通運武蔵溝ノ口支店
  • 千葉県食肉公社
  • 名古屋市北部市場青果棟
  • 千葉青果集品センター

ページのトップへ戻る

お問い合わせフォーム

ページのトップへ戻る