ホーム > ソリューション > 空調システム > RI(ラジオアイソトープ)設備の排気処理技術

技術紹介

RI(ラジオアイソトープ)設備の排気処理技術

現在、RI(ラジオアイソトープ:放射性同位元素)は、さまざまな分野の研究調査のほかに、医学的治療などに利用されています。
RI利用施設は、少量の密封された照射装置源として利用する場合を除いては、壁体、貫通ダクトなどの遮へいのほかに、電磁シールド対策、空気や水、廃棄物の汚染防止対策が必要です。
テクノ菱和は、RI施設の設計・施工実績のノウハウを生かし、安全で快適な空間づくりをサポートします。
「放射性同位元素(RI)等による放射線障害の防止に関する法律」に準拠した施設とは、
① 人体に対する内部および外部被曝による障害防止
② RIによる表面汚染防止
③ 空気に対する汚染防止
④ 外部放流水に対する汚染防止
⑤ 放射性廃棄物処理
の各対策が講じられた施設であり、それぞれ法律による規制値を満足させることが要求されています。

生化学工業東京研究所

生化学工業東京研究所

主な放射性同位元素の性質の一例

主な放射性同位元素の性質の一例

わが国の放射性同位元素・放射線利用分野

わが国の放射性同位元素・放射線利用分野

RI施設の空調設備 実施例

RI施設の空調設備 実施例

施工実績

  • 琉球大学(千原)遺伝子実験施設
  • 福井県立大学海洋生物資源学科棟
  • 東京都東部地域病院
  • 生化学工業東京研究所

ページのトップへ戻る

お問い合わせフォーム

ページのトップへ戻る