ホーム > ソリューション > クリーンシステム > HACCP対応技術

技術紹介

HACCP対応技術

食品工業では製造工程の性格上、全品検査ができないため、品質を確認するために種々の手法がとられてきました。近年では、より高度な品質と安全性の向上のため、NASAにて食品メーカーと共同開発されたHACCP手法がひろく採用されています。
テクノ菱和では、バイオロジカルクリーンルーム、冷凍・冷蔵で培った技術と高機能設備管理システム「TECBEAMS®」の機能の融合により、食品原材料の貯蔵から製造、販売に至る全ての過程において、HACCP対応技術を取り入れた最適なシステムを提供します。

HACCP対応技術 イメージ1

HACCP対応技術 イメージ2

HACCPにおけるバイオロジカルクリーンルームの清浄度クラス例

HACCPにおけるバイオロジカルクリーンルームの清浄度クラス例

作業工程と対応するテクノ菱和の技術

作業工程と対応するテクノ菱和の技術

施工実績

  • 日本食研ハム研究工場
  • 大関
  • 相模フレッシュ
  • 相模ハム・千歳ミートセンター
  • 三和缶詰山形工場

ページのトップへ戻る

お問い合わせフォーム

ページのトップへ戻る