ホーム > ソリューション > 空調システム > デシカント空調システム

技術紹介

デシカント空調システム

従来の空気調和設備は、空気を冷水やブラインまたは冷媒により冷却コイルにて冷却除湿し、空調エリアにこの空気を吹出すことにより空調を行っています。デシカント空調は潜熱を除湿機(ハニカム除湿機)で処理し、顕熱は冷却コイルで冷却処理し、空調エリアにこの空気を吹出すことにより空調を行います。比較的高めの冷水温度で空気を冷却することが可能となり、冷凍機のCOP(成績係数)が高い省エネルギー運転が図れます。また、潜熱処理の除湿機部分の再生には廃熱利用も可能です。
従来、恒温恒湿室の空調システムにおいては、過冷却除湿に対する再熱を要していましたが、デシカント空調では過冷却をしないため、再熱を必要としない分、省エネルギー化を図ることができます。主に霧付をきらう冷凍ケース放置部分の食品売場系統空調設備として使用されます。

デシカント空調機

デシカント空調機

日本サーキット工業

日本サーキット工業

デシカント空調方式と冷却除湿方式の比較

デシカント空調方式と冷却除湿方式の比較

デシカント空調フロー 実施例

デシカント空調フロー 実施例

デシカント空調の空気線図

デシカント空調の空気線図

施工実績

  • 日本サーキット工業
  • バロー新瀬戸店

ページのトップへ戻る

お問い合わせフォーム

ページのトップへ戻る