ホーム > ソリューション > 空調システム > 大空間空調技術

技術紹介

大空間空調技術

アトリウム、巨大イベントホールや、エアドーム式のスポーツ施設など大空間の空調計画は、さまざまな環境条件をトータルに考え合わせたうえで、経済性に優れ、省エネルギーに徹したものでなければなりません。例えば、アトリウムでは居住域のみ空調を行い、上部の熱だまりを防止するため、熱排気を行う方法、また、多彩なイベント等を考慮したゾーニング分けなどは、施設の省エネルギー化にも関係してきます。
テクノ菱和の大空間空調技術の一例を示します。
① 計画段階からのシミュレーション予測に基づく快適性向上設計・施工
② 三層流方式による空調・非空調空間の分離システム
③ 大空間の使用用途による、吹出口切替システム

秋田県立総合プール

秋田県立総合プール

ロケット組立工場 三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所

ロケット組立工場
三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所

アトリウムの気流・温度シミュレーション 実施例

三菱銀行多摩情報センター

三菱東京UFJ銀行多摩情報センター

温度分布

温度分布

気流分布

気流分布

三菱銀行多摩情報センター

コンベンションホール

温度分布

温度分布

気流分布

気流分布

施工実績

  • 三重県立アリーナ
  • 奈良ファミリー秋篠音楽堂
  • 高槻市立文化ホール
  • THK山形工場
  • 三菱東京UFJ銀行多摩情報センター
  • 秋田県立総合プール
  • 浜北市総合体育館
  • 三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所

ページのトップへ戻る

お問い合わせフォーム

ページのトップへ戻る