ホーム > 空気と水のテクノロジー

空気と水のテクノロジー|テクノ菱和は「お客様の環境パートナー」です。

「空気」と「水」。それは、すべての生物にとってかけがえのない地球の恵みです。私たちをとりまく「環境」は、空気と水の状態によって大きく変化します。テクノ菱和は、空気と水をコントロールすることによって、お客様から求められる生産環境や生活環境を実現してきました。冷房設備の開発から始まった当社の技術は、産業界の進展とともに高度化を続け、今日では、超クリーン空間の創造や省エネルギー・省資源化システムの開発など、多様な分野へと展開しています。それらはすべてお客様の「こんな環境がほしい」というニーズから生まれました。今日テクノ菱和が保有する技術は、お客様とともに歩んできた成果の集約といえます

技術の原点はお客様のニーズ。ですから、テクノ菱和はお客様との関係を何より大切にしています。施工はひとつの通過点に過ぎません。自社にサービス部門を置き、緊急時の対応はもちろん、よりよい運用の支援や設備診断など、お引き渡し後も質の高いサービスを提供しています。人と人の信頼関係から技術が生まれ、その技術が新しい技術へと結びついていく──このエンドレスな営みこそが技術革新のエンジンなのです。

当社が「お客様の環境パートナー」として培ってきた「空気と水のテクノロジー」とは? このページでは、さまざまなプロフェッショナルの言葉を通して、その一端をご紹介します。

「設計」のプロに聞く

建築に「生活」を作る仕事 設備設計の現在と未来  株式会社テクノ菱和 名古屋支店 春山裕之

生産施設や工場、オフィスビルなどの建築には、設計の技術力は欠かすことができません。中でも、テクノ菱和が担当する設備設計は、運用時の快適さに直結する非常に重要な仕事になります。これまで様々な施設の設計を手がけてきた設計のプロに、設計時に意識していることや今後の展望などを聞いてみました。

もっと読む

「メンテナンス」のプロに聞く

必須知識は自動制御システム!? 生産施設におけるメンテナンス 株式会社テクノ菱和 大阪支店 門司泰宏

お客様との信頼関係でなにより大切なことは、設備の完成引渡し後もシステムが常に効率よく正常に稼働していることです。そのためには、メンテナンスは欠かせません。約30年の間、当社のメンテナンス業務を行ってきたメンテナンスのプロに、業務内容や心がけていることなどを聞きました。

もっと読む

「施工」のプロに聞く

チャレンジと経験の積み重ね 施工から見たテクノ菱和 株式会社テクノ菱和 東京本店 水野則康

技術開発や設計を形にする施工では、技術力と豊富な経験が大きな力になります。これまで数多くの現場所長を経験してきた施工のプロに、これまでの経験やテクノ菱和としての姿勢などをたずねました。

もっと読む

「きれいな空気」のプロに聞く

太平洋のメダカを制御!? 超クリーン空間の追求  株式会社テクノ菱和 大阪支店 羽鳥均

パソコンや携帯電話をはじめとするIT機器は、今や生活の必需品。これらの機器に使用される半導体を製造するためには、室内の空気から細かいホコリなどを取り除く「クリーンルーム」の設備が欠かせません。クリーンルームとは何か──長年その開発を手がけてきた設計マンに、クリーンルームの歴史やしくみなど素朴な疑問を聞いてみました。

もっと読む

「静電気防止」のプロに聞く

不意の「パチッ」はどう防ぐ? 最先端の静電気除去技術  株式会社テクノ菱和 主席研究員 鈴木政典

ドアノブなどを触ったとき「パチッ」っとくる静電気。冬になると悩まされている人も多いのではないでしょうか。静電気の害は、日々の生活で人間に不快感をもたらすことだけではありません。生産現場では、不良品発生や事故につながる原因として、徹底的に静電気を排除しなければならない場合があります。テクノ菱和も、これまでさまざまな静電気対策技術の開発に取り組み、(特許数)の関連特許を取得しています。

もっと読む

「計装」のプロに聞く

設備工事の知られざる名脇役 計装技術の最新事情  株式会社テクノ菱和 本社 計装技術部 清水和彦

ハイテク化が進む現在の工場では、ほんのわずかな温度や圧力の変化が製品の品質に大きな影響を与えることがあります。また、パイプの中を流れる液体や気体の量を正常に保つことも安全上求められます。これらに配慮した生産設備を作るためには、「計装(けいそう)」と呼ばれる技術が必要です。テクノ菱和でも専門の部門を設けて計装技術を提供しています。

もっと読む


ページのトップへ戻る

世田谷ラボ最前線最近の施工事例
環境への取り組み失敗から学ぶ設備工事

お問い合わせフォーム

ページのトップへ戻る