ホーム > 環境・品質の取組み > 環境マネジメント >環境方針・運用組織

環境への取組み|環境マネジメント|環境方針・運用組織

テクノ菱和は、環境負荷低減、省エネルギー化に寄与する技術力向上をお客様とともに追求する一方、社内においても「環境マネジメントシステム(EMS)事務局」を中心に環境マネジメントシステムに基づく継続的改善(PDCA)に取り組んでいます。これからも、すべての事業所・部門において地球環境への意識を高め、積極的な環境経営を推進していきます。

テクノ菱和環境方針

テクノ菱和は次に定める基本理念と基本方針に基づいて環境マネジメントシステムを構築しています。

基本理念

テクノ菱和はすべての事業活動において、地球環境の保全とその次世代への継承のためにあらゆる技術を駆使して環境負荷の低減を図り、社会の持続的発展に貢献する。

基本方針

  1. 当社の事業活動における環境側面とその環境影響を認識し、廃棄物削減、オゾン層保護、省エネルギー、地球温暖化防止など環境保全に取り組む。
  2. 環境負荷の低減、汚染の予防に関する当社の環境制御技術を提供することで社会の持続的発展に貢献する。
  3. 当社の環境側面に関して、適応可能な法的要求事項および当社が同意するその他の要求事項を順守する。
  4. 環境マネジメントシステムを構築し、明確な環境目的と目標を設定し、実施し、継続的な改善を図る。
  5. 社員および協力業者へ環境方針の周知徹底を図るとともに、環境教育・啓発活動を通じて、環境保全に関する意識・知識の向上を図る。
  6. この方針は、当社インターネットホームページに掲載し、一般の人に公開する。

2007年4月1日

環境保全活動運用組織

本社と6つの本支店からなる運用組織を構築し、環境保全活動を推進しています。また、環境マネジメントシステム(EMS)事務局が中核となり環境法令の遵守や環境保全活動計画を立案し、全社目標遂行のための各種施策についての実施状況の評価と見通しを行っています。

環境保全活動運用組織

環境計画

各事業所・各部門は次のような取り組みを計画・実施しています。取り組みの目標と目標値は各事業所ごとに設定し、定期的に環境保全プロジェクトへの報告を行っています。

環境計画 画像

ページのトップへ戻る